Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

気持ちよく継続して無理をしないダイエットで健康に

今から自分でも簡単にできちゃうダイエット

yaseyou

ダイエットの方法は過去に沢山の方法が紹介されました。いろいろなブームも起きました。様々な注目されたダイエット法がありましたが、全てといっていい程消えてなくなりました。ブームが末永く続いたダイエット法というのは無いのではないでしょうか。痩せる石鹸や通販で器具を買うもの、DVDを見て行うものなど、いろいろとありましたがブームは去りました。本当に効果があるのであれば末永く続くはずです。挫折した方も多いのではないでしょうか。やはり基本や、適度な運動をすること、健康的な食生活をすること、暴飲暴食はしない、だらだら食いはしない等に立ち返ることになると思います。まずは自分の体質をよく知ることです。冷え性であるとか、汗をかかない体質である、貧血気味、便秘がち、体温が低いなどです。それぞれ体質は違うので、ある一つのダイエット法が万人に効果があるとはいえません。とくに食事を偏ったものにするダイエット法は自身の体調の変化を観察しながらやらなければ危険です。合っている人もいれば、合わない人もいます。ダイエットをして貧血になってしまった、冷え性になってしまったなど、健康を崩したら元も子もありません。健康的なダイエットは適度な運動と、健康的な自分に合った食生活です。筋肉を増やすことは代謝を増やします、せめて現在の筋肉を維持することで現在の代謝量を維持できます。食事も急劇に減らすことは危険です。徐々に進めることです。現在100の食事量としたら、まずは95にするだけでいいんのです。それになれたらまた100を95に減らせばいいのです。持続することが大切です。お菓子や完食も止められないのなら、止めなくていいのです、100食べていたものを95に減らせばいいのです。それをクリアできたら、また100の量を95に減らしていく。これでいいのです。継続することです。食事の内容も少しずつ、野菜の割合を増やす、果物の割合を増やす、海藻の割合を増やしていく、徐々にでいいのです。お菓子もスナック菓子から果物の割合を増やしていくことです。とにかく急激に変えないことです。急激に我慢を始めても長く続きません。運動も例えば全く運動していなかったら、週に一回1kmだけジョギングすることから始めて、週2日にしていけばいいのです。ウォーキングでもいいのです。1kmジョギングできるようになったら、1.2kmにしていけばいいのです。ジョギングではなくて腹筋でも何でもいいのです。自分ができること、続けられることを選択すればいいのです。いきなり、今日から5km毎日走るんだと始めて途中で挫折するのなら、少しづつ継続した方がいいのです。とにかく少しずつ少しずつ移行していくことです。ダイエットを始めただけでも素晴らしいことです。身体も心も健康的になれるといいですね。

組み合わせて楽しくダイエットしよう

ダイエットといえば、1種類でひたすら目標に向かってやることが多くないですか?なので途中で挫折したり、嫌になってリバウンドしてしまうことが多い気がします。
だったら2種類、3種類してみるっていうのはどうでしょうか?
筋トレ、ヨガ、セルフトリートメント、ランニング、食事制限を組み合わせて、無理なく楽しくやっていくというものです。
筋トレは筋肉をつけるのにはとても有効ですが、女性の方であればあまりガチガチになりすぎるのも考え物ですよね。
まずは筋トレですが、いきなり腹筋50回3セットとかできない目標を立てるのではなく、できることからやっていきましょう。
腹筋も下腹部を鍛える腹筋足上げ腹筋や、あしを上にあげた状態からお腹が一番聞いてるところで止めて(5秒くらいからはじめて息が止まらないように気を付けましょう)ゆっくり地面に足を下ろす腹筋をするとおなかの下の部分が引き締まるのでお勧めです。注意点としては、大腿四頭筋(フトモモの筋肉)に力が入らないようにお腹がプルプルするというのを感じながらするのがおなかの引き締まりがかんじられます。毎日がしんどいなら2日おきでもかまいません。とにかく自分が続けられる回数から始めましょう。
それとともにストレッチやヨガ、セルフトリートメントで体をリラックスさせ酸素を体にいきわたらせること(有酸素運動)でしなやかな筋肉を作っていきます。
ヨガやストレッチは歪みなんかも整えてくれるので、レッスンに通われるほうがセルフでするよりしっかり体のことがわかると思います。
セルフトリートメントはもともとブレンドされているデトックスオイルなんかを使用するとすると簡単にトリートメントできます。その際は必ず足の裏の方から、股関節の方に向かって流します。膝の裏はゴリゴリの老廃物が溜まっていると、むくみの原因になるのでしっかり流しましょう。ただし痛すぎると体にとってストレスになり、流れにくくなるので、痛いけど気持ちいいなというくらいにしましょう。デトックスブレンドですが、お勧め精油はサイプレス、ジュニパー、ラベンダーアングスティフォリア、ペパーミント、ユーカリレモン、アトラスシダー、ヘリクリサムなどがお勧めです。ただし、妊婦の方(授乳中も同様です)はペパーミント、アトラスシダー、ヘリクリサムは使用できませんのでご注意ください。柑橘系なんかをいれてリフレッシュな香りにしてもやる気出ますし、自分の好きな香りを足してデトックスオイルを作るのもお勧めです。ご自分でブレンドされるときの注意点は全体の濃度が2%以内になるようにしてくださいね(5ミリのベースオイルに対して精油1滴で1%です)精油はアロマの専門店で購入してくださいね。無理のないダイエットで楽しく痩せましょう。

実践してみよう!これからの時期やりやすい!そうめんダイエット

3ヶ月で10kgダイエットも可能なそうめんダイエットです。
1日3食のうち1~2回白米をそうめんに変えるだけの簡単ダイエット!

※注意点
・食べやすいからといって量を食べ過ぎないこと
そうめんはカロリーが低い食べ物ではありません!
・天ぷらなど付け合せに高カロリーのものを用意しない

白米よりそうめんのほうがビタミンやミネラルが豊富に含まれていて代謝機能を高めます。
毎日そうめんを食べることで飽きが出てきますが薬味を変化することによって味に変化を出すことが可能になります。
また薬味によってダイエット効果をアップすることが可能になるのでこれから暑い夏そうめんダイエットが有効です★
食べた後はお茶を飲む事を忘れてはだめですよ!

参考サイトはコチラ

痩せるお茶

今日からできるコンビニダイエット

コンビニダイエットという言葉を聞いたことはありますか。最近ではコンビニで販売される食材も豊富になり、また味や栄養面を考慮した質の高い食材がコンビニで簡単に手に入るようになったことから、テレビや雑誌でもコンビニダイエットという言葉をよく聞くようになったと思います。そんなコンビニダイエットですが、実はとても面倒または難しいんじゃないのと思っている人も少なくはないかもせれません。そこでここでは今日から始めることができるコンビニダイエットのコツをみなさんにご紹介します。このダイエットは知っているか知らないかだけです。忙しい合間をぬってジムに通う必要もなければ、周辺のスーパーでは売っていないようなスーパーフードを探す必要もありません。コンビニに行くことが習慣になっているあなたにピッタリなダイエット方法です。

このダイエットのポイントは3つあります。まず、1つめは、「食事のバランス」です。コンビニに限らず、特に和食は主食、主菜、副菜が2つという食事のバランスを考えてつくられていることが多いです。このバランスこそが偏食にならず、健康的にダイエットを行うコツです。自分が摂取している食事内容を過去1週間思い出してみてください。ラーメン、ステーキ、ピザ、パスタなど副菜が欠けていることよくありませんか。例えば、ごはん、焼き魚、サラダ、味噌汁といったような感じです。常にこのバランスを意識して食事をすることを心がけるようにコンビニでも購入してください。

お勧めは納豆巻き(主食と主菜)、海藻サラダまたはチョレギサラダ、具だくさん味噌汁またはサンドイッチ(キュウリやトマトが入っているもの)、ミネストローネ、野菜ジュース(野菜100%のもの)です。注意が必要なのはお弁当です。みなさんのイメージ通り、コンビニの食材は塩分がスーパーで購入するよりも高めですが、腐らないようにするための薬品も多く入っています。そのため、お弁当はバランスがいくらいいといっても健康にはあまりよくない場合があります。毎日お弁当で済ましてしまうのは逆効果なので気をつけてください。

次のポイントは「カロリー制限」です。個人差はあるものの一般的に男性で1日1500カロリー、女性で1200カロリー以下に抑えるとダイエットの効果があるといわています。そのため、コンビニで買い物する際には表記されているカロリーをチェックしながら購入しましょう。便利なことにコンビニに売っているものはカロリー表示がされていることがほとんどです。

目安で一食分500カロリーを超えないように慎重に選べばいいんだけです。但し、カロリーを気にしすぎて、あまり食べず空腹状態が継続してしまうと仕事や家事はスムーズにできませんよね。カロリーメイトやゼリーなどカロリーが少ないものを先ほど述べた主食、主菜、副菜×2に追加し、お腹の空腹度合いをうまく調節してください。ポイントは無理をしすぎて3日坊主にならないようにすることです。

最後のポイントは「食べる早さ」です。これはコンビニには特化していませんが、通常コンビニで食事を済ませる人は忙しい人がほとんどです。家でごはんをつくったりレストランでゆっくり休憩する暇がない人がコンビニで食事を10分ほどで済ましてしまう人が多いため、この食べる早さもコンビニダイエットを行う上で忘れてはいけない重要なポイントになります。ご飯を他の人よりも早く食べてしまう人は一般的に十分に噛めていないことがいえます。十分に噛むことで脳にご飯を食べているよとサインを送り、胃や腸が消化の準備をします。

一方、噛まずに飲み込んでしまうことが多い人は胃や腸がしっかり準備できていない状態で食物が入ってくるので消化がうまく行われず、栄養を体に十分に吸収できずに脂肪になりやすくなります。お肉や脂っこい食べ物などは消化しにくいの為、特別噛むことが重要になります。目安としては20分~30分は食事に時間を使うようにしてください。噛むことで痩せやすい体になるだけでなく、胃などの消化器官へのダメージを抑えることで病気になりにくい体にもなります。

上記3つのことを意識した上で、今日から買い物をするときから始めることができるコンビニダイエット。はじめる上で大切なのは「継続」することです。はじめから無理して、辛いと体が覚えてしまうと長くは続きません、はじめは一食分600カロリー等、徐々に目標とするものに近づけていき、達成したらまた、次の目標設定をつくるなど工夫していくことが確実に痩せることができ、また、バウンドするリスクも下がります。一般的にコンビニダイエットは過激に体を動かしたりダイエットとは違い、効果はすぐには出ないです。3か月ごとを目途に体重や体形が変化しはじめるので焦らず、気軽な気持ちでやってみてください。

負担は少なくちょこちょこダイエット

ここで紹介していくのは無理なく日常にちょこちょこダイエットのやり方です
ちょこっとプラスしてみたり、マイナスしてみたりします。日常生活の中で無理せずできる範囲で美しい体を手に入れましょう。
まずは、食事です日常生活の中で一番の楽しみですね、ところが食事の取り方によっては肥満の原因の一つと言えます。
食事にプラスするのは、咀嚼、栄養、水分の取り方、回数のカウント、残す勇気です。
一度に出来なくても大丈夫なれたら増やせばいいですが1か月を目安に取り入れてやっていきましょう。

咀嚼は一口に30回以上です目安なので多少変動しても構いませんが口に入れる量をいつもの半分以下に押さえ、ペースト状になるまで噛みます。その時に噛んだ回数をカウントする事で自分がどれくらい噛んでいるかを把握する事がダイエット成功のカギとなります。

食事中の水分の取り方は一口毎にペットボトルのキャップ約一杯分の水分を取ります、この時に水分が口の中に入っている事を意識して舌で転がして5秒程で飲み込みます。

この咀嚼方法と水分の取り方で頭が食事を理解して満腹になりやすくなり結果食事量が減りますがそうなると用意した食事が残ってしまいます、そこで出てくるのが残す勇気です。
残ったから処分や誰かに食べてもらうではなく、必ず自分で食べるという事です。その時すぐに食べるのではなく次の食事に食べる事を心掛けまる事で好きな物を残した後悔はしないようになりストレスでの大食いを防ぐ事になります。

そして食事で問題なのが栄養です。
たとえ満腹になっても、3食食べていても栄養が足らずに飢餓状態になり、体が栄養を蓄えようと脂肪がついてしまってはせっかくのダイエットが無駄になります。
そこで使用するのはサプリやプロテインの栄養補助食品です。食事後すぐに取るのはサプリメント、運動後すぐに取るのはプロテインと覚えるのがいいでしょう。

サプリメントを取る事で足りない栄養素を補いかつ、余分なカロリーを摂取しない事で脂肪を増やすのを抑える事が出来ます

次に、ちょこっと増やしたいのは運動です。
食事を調整するだけでは体形がたるんでしぼんだ風船の様になってしまいます。
そこで役に立つのはボディースーツと筋トレになります。運動なのにボディースーツってと疑問に思われる方も多いと思いますがこれは体に圧がかかる事で通常の運動効果を高める為と考えていただければと思います。

そして、筋トレは簡単なものから始めます、ちょっとした空き時間歯磨きの最中、会社での休憩時間、トイレに入っての数秒間にスクワット、腰回し、無料アプリを使って5分間トレーニングを取り入れてもいいでしょう。
大切なのは鍛える筋肉を意識してゆっくりとした動作で必ず5回はする様にして事運動の負荷に慣れてきたら段々と増やしていくという事です。

ここで、紹介したダイエットは長期で取り組んでいくものですぐに効果は表れませんが取り入れるのが簡単で負担になりにくいものになっています。

産後のダイエットの正しい仕方と成功確率をあげる方法

私が第1子を妊娠し、出産した後、産後の体重がどうしても後1キロ戻らなかったのです。
娘は母乳をよく飲んでくれていたし、私もバランス良い食事を心掛けていたのですがダメでした。
たかが1キロ、誰も「太った?」などとは気付かれませんでしたが、されど1キロ!
ここからズルズルと太っていくのは嫌だったし、妊娠前に見慣れていた体重に戻したかったのです。
さらに、娘が卒乳した時にさらに1キロ体重が増えたのです!
プラス2キロ!ショックでした。食事は何も変えていないというのに!
そこからダイエットを決意しました。
もともとそんなに太ってないので、ダイエットをしたこともなかったし、2キロを落とすというのは結構大変でした。
年を取ると痩せにくいって本当だなあと、思いつつ、色々調べて、食事の見直し・運動をプラスすることにしました。
食事はもともとそんなにバランスは良い方だと思いましたが、気持ち、ご飯少な目、野菜多め、お肉少な目にして食べました。
お菓子は今までの甘いものから、娘と一緒に赤ちゃん用の薄味のお菓子を食べたり、干し芋・甘栗・ドライフルーツなど自然のものに切り替えました。
やめることが出来ればそれが1番なのですが、どうしてもそれは無理でした。
甘いものが食べたくなった時は、娘には内緒でダークチョコレートや70%以上のハイカカオチョコレートをこっそり食べたり。
無理のないように心掛けました。
運動は、ウォーキングを!
娘をベビーカーに乗せたり、抱っこひもにいれたりして、買い物に行くスーパーに散歩がてら遠回りで行ったり、片道30分ほどあるTSUTAYAにDVDを借りに行ったり、いつもはバスで行ってしまう小児科も歩いて行ったり、いつもの用事に少し時間をかけてあげる感じで続けました。
本当はウォーキング用の格好で、腕もブンブン振って早足で元気に歩くのが良いと思うのですが、小さな娘もいる中、そこまでのバイタリティは持ち合わせることはできず、地味に続けていました。
最初の4か月は全く変化がなかったのですが、歩くことが楽しくなってきたのでずっとめげずに続けていた頃、7か月経った頃に、体重がストンと落ちたのです!
何が良かったのか全然分からないのですが、とにかくとっても嬉しかったです!
途中、流行のダイエットに流されそうになりましたけれども、地味でも、即効性がなくても、無理のない範囲で自分の出来ることをずっと続けていくことが大切だと思います♪